ウィリアム・モリスの絵本【THE TWELVE DAYS OF CHRISTMAS】


Mikiです!

今回は、ワーホリ中に出会った
【モダンデザインの父】と呼ばれる…

ウィリアム・モリスクリスマスの絵本を紹介します

美術史やデザインが好きな方は、ご存知かもしれない絵本です🐣

スポンサーリンク

THE TWELVE DAYS OF CHRISTMAS

あらすじ

物語というより、
ウィリアム・モリスの装飾デザインやテキスタイルが楽しめる感じでした👀

「クリスマスまでの12日間」をテーマに描かれています。
デザインやイラストが好き、もしくはモリスが好きな方にはオススメ。
インテリアにも良さそうです。

William Morris

彼は詩人でもあったようですね。
デザインだけでなく、著作もあります。
モダン・ファンタジーの父だそう。
細かい説明や正確性は英語のWikipediaの方が良さそうです。

Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9

画 LIZ CATCHPOLE

出版社 PUFFIN BOOKS

Penguin Random House UKのグループ傘下の出版会社みたいです。
イギリスのファッション系のミュージアムの1つ
Victoria and Albert Museumも関わっています。

絵本のシリーズ

並べるだけで可愛い

ウィリアム・モリスというと、
個人的には、植物のデザインが強いんです。
上手に可愛いく、まとめてるなぁ~と思いました(笑)

William Morris (著), Liz Catchpole (イラスト)

クリスマスだけでなく、ABCや123など…。
探せばまだ色々ありそうです☺

William Morris (著), Elizabeth Catchpole (イラスト)

ウィリアム・モリスって何をしたの?

アート&クラフト運動/Arts and Crafts Movement


「イギリスの産業革命」が背景にあります。
歴史や世界史で習った方も多いこの時代🤔
大量生産で安いけど、質が良くないものが溢れてた時代です。

そんな中、手仕事や生活の中に美を見出したのが彼、
ウィリアム・モリスです。

一時期のハンドメイドブームに、近いものを感じます。

もちろん、日本でもそういった動きがありました。
気になる方は「民藝運動」で調べてみて下さいね😎

テキスタイル、デザインを楽しむならこちらの書籍がいいかも。

柳宗悦(やなぎ むねよし)

日本の民藝運動を起こした思想家。
モリスに影響を受けたそうです。

時々、「そうえつ」と読まれていたそうです。
英語では”Soetsu”と表記されることもあったみたいですね。
英文でも文献読めるようになりたい…。

まとめ

以上、Mikiの絵本紹介でした!

現地の国を舞台にした絵本や作家・デザイナーの本を
楽しむのも一興ですね♬

今回は英語の勉強、
という感じの絵本ではありませんでしたが…
参考になれば嬉しいです(笑)
スポンサーリンク

英語学習・勉強におすすめ


絵本アプリ


Install now and read FREE for 30 days!
絵本だけでなく、動画やアニメ・英語の動揺もあります✨
最初の1ヶ月は無料です♬

絵本の良い点はイメージで覚えられること!

なので、スピーキング・リスニングに役立つと思います

洋書・ノンフィクション小説

中年男性とハリネズミのふれあい

Massimo Vacchetta (著), Antonella Tomaselli (著), Jamie Richards (翻訳) 形式: Kindle版

フランス人男性が、
みなし子のハリネズミを育てるのに奮闘している話です。

男性が父性に目覚めていく様子が読み応えあります😁

随時、色々と追記予定です。

それでは、素敵な絵本ライフを!

Bon Voyage✨

 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です