オーストラリアのファーム生活を無駄にせず、稼ぐために必要な準備3つ



Mikiです。

2017年から2018年にファームを経験しました!

その体験を元に

最低限必要な知識をお伝えします。

ファームに行く前後から
悪い噂ばっかり聞いていました(笑)

事実の出来事もあったり、日本人同士でも悪質な人がいたりします。

せめて読んでくれた人達が

悪徳ファームや質の悪いコントラクターに引っかからない

or

引っかかっても早く逃げられる状況になるように。

日本人のワーホリメーカーを少しでも、
お手伝いできればと思います。

スポンサーリンク

1.ファームの情報の探し方

はい、まずここから想像してみたほうがいいと思います。

実のところ人それぞれ現在の状況が違うので
自分に合う方法で情報を手に入れるのが1番です。

なので、自分に合った方法で探してみてくださいね。

口コミ

英語・日本語・中国語・韓国語…言語でも情報が違ってくる。

もし周囲の友人知人で既に
ファーム経験者・現在働いている人がいれば
聞いてみましょう。

もちろん日本語でもいいのですが

他の言語ができるならこちらでも探してみてください。

国籍に関わらず、ファームを通して稼ぎたいと思っているものです。

ネットでもSNSでも、語学学校でも何でもいいです。

信用のできる情報源を見つけてください。

ただし、どんな相手に聞くにしても
貴重な時間を割いてくれる訳ですから

相手に都合を合わせたり自分でも聞きたいことをまとめたりしましょう。

あんまり身勝手だと、
良い情報を持っていても教えてくれないこともありますよ。

電話よりもメッセージの方が良い気もします。
(手元に情報が残されるので。メモする癖が無い方はこちらのほうがいいかも)

SNS

日豪プレス、facebook、twitter

こちらも同じく、日本語だけに頼りすぎないことをオススメします。

というのもこういったSNSで日本人が相手だから安心してしまうのか、

騙される場合も多いんです。

日豪プレスを見ていると分かるかと思いますが、

時々日本語が怪しいものありませんか?

そういう記事って、

日本人をターゲットにしてカモにしてる場合もあります。

大体が中国・韓国の方が投稿している印象でした。

もちろん、中にはいい内容のものあるかもしれませんが…

警戒してください。

そして、

日本語に不自然さが無くても日本人が代わりに投稿していることも。

そういった場合は紹介制度になっていて、
金銭が発生していたりしました。

1人送るごとに50ドルなど、と言われている場合も。
(大概がトラブル・支払いが無い状況になっている気がしますが)

例外としてあり得るのは、

日本以外のアジアの方とお付き合いしていて、
相手がコントラクターだったりビジネスをしている場合でしょうか。

そういったケースの時は、日本人がコントラクターに近いことをして稼いでいました。

ちなみに、

働いている人がファームで稼げば稼ぐほど収入が入ってくるそうですよ。

人材派遣会社と似通った仕組みですね。

この辺りについては、別の記事で詳細を書く予定です。

オーストラリア政府直営のサイト

Harvest Job Search

Harvest Job Search

https://jobsearch.gov.au/harvest

他の参考になりそうなサイト
全て英語ですが、うまく活用してください!

AGRILABOUR

https://www.agrilabour.com.au/

Pick The World

https://www.picktheworld.org/

Gumtree

https://www.gumtree.com.au/

こちらは多少英語ができたほうが有利かもしれません。

ただ、情報を得るだけなら翻訳機能を使えば済みます。

その後にその紹介所やサイトを使うか、使わないか自分で選びましょう。

もしくは周りの人に頼るのも大事ですよ!

2.ファームの仕組み・悪徳ファームについて知る

海外で働く!

留学!

ワーキングホリデーって稼げるんだ!

農業も日本じゃやらないし、やってみようかな!

などなど。

海外って日本と違う!
キラキラしてる!

とか思ってしまうの…分かるんですが

日本でもよく
中国人研修生の給料が低いことや
様々な産業でニュースになっているのご存知でしょうか?

それと似たようなことがオーストラリアにもあるんです。

何も知らずに
不法入国してファームで稼いでいる人たちと同じファームで働いていて
摘発・ガサ入れされる…

強制送還になることも珍しくありません。

というか、実際にそうなった方・そうなりかけた方もいます。
検索するとすぐ出ますので興味があればどうぞ探してみてくださいね。

一応、知っておくといいかと思います。

スポンサーリンク
地球一周の船旅【ピースボート】

ワーキングホリデーを失敗させない「ワーホリ準備プラン」 留学セミナー無料

コントラクターを使う

仕事を斡旋してくれる人のことを、そう呼んでいました。

ファーム以外にも該当するのかもしれませんが…
もし、車を持っていないけどファームに行くつもりなら

コントラクターを利用することは避けられないので気をつけてくださいね。

メリット

  • 車を持っていなくても仕事場までの送迎手配をしてくれる
  • 買い出しを手伝ってくれたりもする
  • 仕事が合わなくても違うものを紹介してくれるコントラクターも存在する
    コントラクターによっては農場を掛け持ちしていたりして、
    色んな作物を担当していることも。
    その場合は仕事が少なくなる可能性が低くなる。

デメリット

  • 怠け者のコントラクターだと、問題があっても次に移れない場合がある
  • 車を持っていないので環境が悪くてもすぐに移動できない。

自力で全部やる

やること、多いです(笑)
資金力も多少は影響しますね。

トラブルも自分で基本解決しないといけませんが、
成長します。

もしも、
ファームを巡りながら、荒稼ぎしてやりたい!

なんて思っているのであればオススメします。

車を購入する際もやはり、
悪徳業者には気をつけてください。

中古車ディーラーはライセンス無くても基本できる?とか見かけたので

ローカルの人に聞いて信用のあるところを紹介してもらうのが
間違いないと思います。

メリット

  • オーストラリアについて深く知ることができる
    例えば、悪徳業者から少しでもお金を取り返すには?
    と思ったときに調べたりしますよね。
    法律やオーストラリアの社会的な問題点、色んなことが分かります。
  • 労働・賃金の条件が良くなる可能性が上がる 
    オーナーとの交渉をする、のもあるそうです。
    なので移動途中で片っ端からファームを当たるのもできます。
  • 条件が悪ければすぐ移動できる
    車で移動するのが基本なので、環境が最悪ならすぐ逃げられます。

デメリット

  • 全部自分でやらないといけない
  • 車が故障したり、問題が起きたら自分に被害がある
    知人が友人に車を貸したら事故って戻ってきたこともあります。
    その辺りも自己責任です
  • 車とガス代がかかる

3.Mikiの最適解

コントラクターもファームの同僚も上手に利用すること

車が無いなら、

最初はコントラクターを利用するのもありです。
友人知人は最初は車なしでしたがお金が貯まったら購入していました。

そこからはもっと気楽なファームを見つけて移動していましたよ。

中にはコワーカーが車をくれたり…という子もいました。

Mikiは運転免許も無かったので
友人の紹介でファームで働きました。
コントラクターも同じくです。

最初から車で移動するのであれば、
大手のファームや良さそうなファームを訪問するのもいいですね。


ただ、季節や作物に左右される仕事なので

バックパッカーで過ごすのもおすすめです。

同じ目的の人たちが集まっているので、
情報も豊富です。

3.Fair Work

ファームに限らず、
全ての仕事場で言えますが…

いざというときにどこに連絡すればいいのか?
日本で言う労働基準監督署があります。

何らかの形で証拠を残すこと忘れないでくださいね。

法的処置を取りたいならFair Workも知っておくべきでしょう。

オーストラリアの職場での権利

https://www.fairwork.gov.au/language-help/japanese

まとめ

蛇足ですが、

オーストラリアの確定申告、

タックスリターンについても知っておくのも大事だと思います。
個人事業主に近い形態のファームも多いです。

例えば、仕事で使う作業着など経費にするとリターンが増えるなどなど。
知らないと損すること、いいように利用されます。

また違う記事でまとめるかもしれません。

それでは、素敵なファーム生活になることを祈って!


Bon Voyge!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です