ワーホリ/語学留学の生活費・学費の海外送金はTransferwise(トランスファーワイズ)が安くておすすめ!

Mikiです!

銀行口座の開設手間だなぁ、
今回のニュージーランドで実感しました。笑

すぐ働きたいけど
現地の口座がまだ無い場合ありますよね…。

働く際に必要な
SINナンバー(カナダ)
TFN(オーストラリア)
IRDナンバー(ニュージーランド)
は手に入れても

銀行口座がまだ…って場合も時にあったりします。

そういう状況に備えて、

このトランスファーワイズ、すごくおすすめです。

今後、ワーキングホリデーやフリーランスとして暫く
数カ国巡りたい方は準備していくと便利です!

スポンサーリンク

TransferWiseって?

おすすめする理由とは…・

口座維持費がある国(オーストラリア・カナダ等)も維持費0円

海外の銀行口座を無料で持てます。

その数は40カ国以上。

対応していない国もありますが、

基本的にワーキングホリデー提携国は問題なさそうです。

イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、
ユーロ圏の国はもちろん。

デンマークやスェーデン、ポーランド、ノルウェー、
韓国、チリ、アルゼンチンも口座を簡単に所有できます。

ついでにアメリカも。笑

ただ中国元もあるのですが台湾はちょっと無さそう?です。
(中国と通貨が違うんでしょうか、ちょっと調べきれてません)

海外送金の手数料も安い

銀行やエージェントの手数料と比較すると…

その差は結構ある

ブログで細かく説明するよりも

公式サイトにて是非、
比較してみてください。笑

以下のリンクからどうぞ!


TransferWiseでCheck!


どうでしたか?

結構銀行によってレートも違いましたよね。

換金する際の手数料と送金手数料を計算すると結構…

お金、かかりますよね。笑

かといって

エージェントさんがいいレートを持っているのか?
と言われるともうそれも各社によって違ってきます。

(Miki的には協力なコネを持っていて欲しかった(笑)

これ調べてて、本当に腹立ったんですよね(笑)

オーストラリア行く前は
結構無駄に時間が取られましたが…

お金の運び方については
銀行もエージェントも使わずクレジットカードと現金で何とかしてました。

まぁその詳細はまた別記事にて。

ご興味あればお付き合いください!

でも、今回のニュージーランドは…

トランスファーワイズあるだけで格段に便利でした。

あと、安心感でしょうか。

タックスリターンの時期に自分が現地に銀行口座なくても
なんとかなりますし。

スポンサーリンク

どうやって作るの?

すごく簡単でした

  1. 身分証明書
    (パスポートや運転免許証等)を用意

  2. アカウント作成
    (メールアドレス/自分で設定したパスワードを用意。
    あとはビジネスか個人で使うのか?国籍を選ぶ程度です)

  3. 本人確認を済ませる
    (3~7営業日程度かかります)

  4. ボーダレス口座に申込み
    (郵送先の住所にカードが届くまで待ちましょう。
    1~ 3週間程度ですが日本だと届くの早かった気がします。)

TransferWiseデビットカードもおすすめ

メリット

  1. 全世界で使える
    (対象外の国もあるので、よく調べて確認してくださいね)

  2. デビットカードとしても使える
    自動で現地の渡航先の通貨から引き落としてくれます。
    もし用意していない場合は事前に両替しておきましょう。
    手数料は1回0.45~2.35%程度、通貨によって異なります。

  3. 現地通貨を口座から引き出せる
    (ただし、Mastercardに対応しているATM。
    25000円以下は無料で、それ以上は1回2%かかります。

デビットカードの詳細を見てみる!


デメリット

…ちょっと今のところ思いつかないんですよね。

詳細探せば見つかるとは思うんですが。
以下に簡単にまとめました。

TransferWiseの悪い点

ポイント還元は無い

クレジットカードのサブカードとしては便利

ワーキングホリデーや語学留学、留学となると

現地国のクレジットカードを作るとお得な気がします。

ただワーキングホリデーや短期の留学の場合は
現地の国のクレジットカードを作るのは難しいと聞いていますが…

作っていた人もいるようです、カナダでは。

日本のクレジットカードも
還元率が良ければ逆に使った方がいいかな~
と、Mikiは思います。

海外で利用すると2%になるクレジットカードもありますし、
初年度無料のゴールドカード等もありますし。

結構、上手に見直して使うとお得な印象です!

利子がつかない

現地銀行口座と使い分けがおすすめ!


というのも、
お金を少しでも増やしたいなら…

定期預金するといいと思うので!

オーストラリアやニュージーランド、金利が最近下がりましたが、
日本円よりは金利がいい現在。(2019年12月31日現在)

ぜひ、お試しあれ!

英語に自信あったら、
証券口座も作れるのか気になるところです(笑)

聞いた話だと

TransferWiseはあくまで

両替のマッチングサービス

なので時々うまく両替がいかないこともあるそうです。
身近にはいなかったのですがSNSで噂を見かけたくらいでしょうか。

両替したい際は、ギリギリにするのは止めたほうが良さそうです。

蛇足

あともう1つ。
55万円以上だと違う送金方法の方が安く済むという記事も見かけたので、
よく計算して利用してください。

まとめ

以上、Mikiおすすめ!の

TransferWiseのボーダレス口座でした。

もし口座を作ろうかな、と思った方は
下のボタンから登録すると…

TransferWiseに登録


初回の手数料が無料になります!
ご利用くださいね。

英語で書かれてますが、私の紹介リンクです。
ニュージーランドから登録したのでそうなってますが、
(日本からだと違うページになるのかな)

翻訳すると日本と同じ内容が書いてあります(笑)

帰国したときに登録住所変更したら
リンクも日本語に変わるかと思うので暫しご容赦ください!


それでは素敵な海外生活を!


Bon Voyage!!!!


Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス ピースボート地球一周の船旅 リクルートのTOEICオンラインコーチ!スタディサプリENGLISH 【エイゴックス】欧米ネイティブ講師とのマンツーマン・レッスンが350円~ Amazon Music
Rebatesお友達紹介キャンペーン
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です